ようやく村上春樹の良さがわかるようになりました




スポンサーリンク

村上春樹の本って
読んでいると催眠術にかけられたみたいに読んだそのまま、
恋したり、傷ついたり、走ったり
突然パスタを茹でて食べてみたくなったり、
JAZZのレコードの話になれば
紙の上からJAZZが流れてくるから不思議です。

村上春樹

はっきり言えちゃう。
読み手をこんなに引き込んじゃう作家って
私の中では村上春樹だけ。

10代の頃は、なんだかくすぐったくって
「ちょっと苦手だわ」と、彼の本を置いてしまったけれど、
あれからずいぶんと時を経て今やっと、
そのすばらしさが
理解できるようになりました。

村上春樹。
たまらなく、たまらなく好きな作家です。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする