マンホールアート

旅先なんかプラプラ歩いていておもしろいなと思うのが、マンホールの絵なんですよ。その場所によって名所ですとか特産物などが絵になっているので、この街はどんな絵かしらとついつい下を向いて歩いてしまいます。

私の住む名古屋のマンホールを紹介しますと、下水道のマンホールにはかわいいアメンボ君の絵。これは澄んだ水を意味するシンボルマークなんですが、消火栓には名古屋城と金鯱の絵がついてます。アメンボ君の前はシンプルな丸で構成されたマンホールだったのですが、これからは順次アメンボ君に変更になってしまうそうです。(前のもシンプルで好きだけど)お花見に出かけた岩倉市の五条川周辺のマンホールには、有名な桜と鯉のぼりの絵がカラーでついていて、これはとてもきれいでしたよ。

マンホールアート

そうそう。多摩市のマンホールには多摩川と鮭の絵。雨水マンホールには長靴の絵がついていました。よく出かける京都は、景観を意識してかデザインも色もシックなものが多くて渋めです。こうして、様々なマンホールを見ていますとあぁ、ここはこれが有名なんだなぁってマンホールの絵を見ただけでわかるので、初めて出かける場所では注意深く見るようにしています。マンホールの絵。ちょっとしたガイドブックにもなりそうでしょ。