太郎がいっぱい

昨年の春より、川崎市にご縁ができ
機会があれば出かけるようになりました。
川崎は父方の祖母が暮らしていたので
子供の頃はなんどか訪れましたけれど
大人になって川崎へ行ったのは昨年が初めて。
でね、川崎へ行って大興奮してしまったのが
あっちに「太郎」こっちにも「太郎」なんです。

そう。「太郎」とは、わたしが大好きな
岡本太郎のことなんですけれど
太郎が川崎出身だっていうのは知ってましたが
岡本太郎の文字をあちこちで見るんです。
ここまで「太郎」がいっぱいだとは知りませんでした。
インターを降りてさっそく大きな太郎をみっけ!
川崎市岡本太郎美術館の看板です。

太郎

見つけちゃったら行くしかないですよね。
その日は記録的な大雨でしたが、びしょびしょに
濡れながらも広大な生田緑地公園の中を歩き
緑の奥の奥にある岡本太郎美術館へ行ってきました。
もう、ここはね、どんなテーマパークよりも
わたしの心をぎゅーっと掴む最高の場所でありました。
太郎の作品の多さ、太郎の生前の様子などもビデオで
鑑賞でき、まるまる1日時間があっても足りないくらい。
また太郎が撮った貴重な写真も数多く展示されていて
ほんと、ずっとここにいたくなりますよ。

それから多摩区内の和菓子屋さんでは「TAROの夢もなか」
という最中がふつうに売られていました。
あんこに唐辛子が入った変わった最中ですが
多摩区がお土産用にと考えた商品らしいです。
あっちにもこっちにも「太郎」の川崎。
川崎にいいご縁ができてほーんとによかったです。