鈴蘭水仙の花柄バック




スポンサーリンク

着物を着るようになって着物とお花や植物がとても関係の深いものなんだと常々感じさせられます。たとえば、春は桜、夏には朝顔、秋は菊に冬は椿。その季節に咲く花をモチーフとして着物や小物に取り入れていますものね。季節を象徴する花や植物を繊細に表現できるのも、着物ならではだと思います。着物を通して身近に感じる草花の美しさ。今まで気にならなかった小さな花が、こんなに素敵に表現されるんだって新しい発見もできたりします。

鈴蘭水仙の花柄バック

鈴蘭水仙の花のバック。赤い地に白の鈴蘭水仙の花が可憐に揺れて、鈴蘭水仙が好きになってしまうくらい、なんともかわいいデザインです。着物で花を愛でる、これも着物の良さですね。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. kyohahayo より:

     着物とお花や植物の関係
     今まで全く気にした事もなかったけれど、
     日本人の感覚、感性って素晴しいって改めて感心しました!
     四季のある日本だからこそ、自然の変化を楽しみ
     その時々に咲く花や植物を愛でる。
     着物でそれを表現する(すごい!!!)

     秋の景色、着物ではどんなお花や植物が
     表現されるのかなぁ~♪

  2. うずたま より:

    yohahayo さんへ
    私もね、着物を通してあらためて日本人の美に対する感性の素晴らしさに感嘆しました。つい見落としてしまいそうな小さなお花でも
    繊細に豊かに表現しているでしょう。四季があってこその感性なのでしょうね。着物だけではなく、日本の文化の奥深さってほんとうにすばらしいですね♪
    着物も秋コーデへ・・・今年は何をテーマにしようかな?(笑)

  3. ねこち より:

    元々…寒いから厚着、暑いから薄着、紅葉狩りも花見も興味なし!そんな、あまりにも季節感のない生活をしてきた私ですが…最近やっと季節の花に目が向くようになりました。これも、ちょっぴり着物効果?かな。。。

  4. うずたま より:

    ねこち さんへ
    私は着物の前はけっこうエスニック系な服が好きだったんですけど、夏は暑いし冬は寒いしで・・・やっぱりその服にあった気候って大切なんだなぁって思ったんですけど(笑)着物も夏暑いですけど(昔は違ったのでしょうけど)
    でも、季節には敏感になりました。これは着物効果でしょうね〜♪きっと♪♪