古書

作家

北原白秋の美しい詩の世界をARS社の贅沢な装丁本でたのしむ

昨年の誕生日に、子供から古い本をもらいました。 いかにも古い本らしくちょっと大袈裟な外箱に入れられ、装丁もとても凝っています。古い本、装丁好きのわたしには、またたく間にお気に入りの本になってしまったんですけれど、もらった本は北原白秋全集。