画家

画家

太陽の塔のストラップ

川崎市岡本太郎美術館へ行ったら迷わず必ず「太陽の塔」のストラップを買おうと出かける前から決めていましたので、ミュージアムショップではまっさきにストラップを買いました。 わたしにとってのストラップは携帯電話につけるものではなくって着物を
画家

中村キース・ヘリング美術館

昨年、久しぶりに八ヶ岳南麓の小淵沢へ出かけました。 小淵沢には、お友達もたくさんいるので 方向音痴のわたしでもナビは不要なくらい どこも走り慣れた道であります。 あの林をぬけてロッジを左に曲がって・・・と、 こんな感じで車を走らせ
画家

お散歩でゲット!ケロヨン箸箱

たまには名古屋の街を歩くのもいいですね。 ふだん車だと見過ごしていたお店も、ゆっくり歩いていると へー、こんなお店になったんだとか、 なるほど今こんなモノが流行っているのか・・・、なんて いろんな発見がありますものね。 そんなこんなで寄り道
懐かし物

ケ〜ロヨ〜ン

子供の頃、リアルタイムで番組をみていた記憶はさだかではないけれど、「ケ〜ロヨ〜ン」と「バハハ〜イ」はしっかり使っていた。今でもたまぁに使っていたりもします。 この流行語を生み出したのは「ケロヨン」日本初の等身大のぬいぐるみ劇を主催した
画家

5000個の大迫力、ナンシー関大ハンンコ展

〜見た!彫った!書いた!39年の人生と全仕事〜「ナンシー関大ハンンコ展」へ行ってきました。ナンシー関といえば著名人の似顔絵を消しゴム彫刻にして、そこにいかにも本人が言いそうな、本人らしいネームが独特ですよね。ハンコ展には彼女の39年という短
画家

亜土たんのお絵かきパフォーマンス好きだったなぁ

この前、雑貨屋さんでつい懐かしくなって 水森亜土の絵がついたソックスを買いました。 ツンと横を向いた女の子の絵なんですけどね。 やっぱりかわいいんですよぉ。 亜土たんといえば、 透明アクリルボードに歌を唄いながら 両手でさささ〜っと絵を描