履き物

履き物

桜柄のお草履

毎日、わんこのお散歩で桜並木を歩きます。 上を見上げては、桜の咲く頃を心待ちにして 歩いているんですけれど、 しばらく続くこの桜並木の道。 満開の頃はとても贅沢なお散歩道になります。 ここ数日で桜のつぼみもだいぶふっくら。
履き物

一本歯の下駄

ずいぶん前になにかの本で 大橋歩さんが「一本歯の下駄がいい」って話してました。 私はそれまであぁいう下駄ってのは 天狗や山伏なんかがひょいと履くもの。 昔噺の世界のものだと思っていたんです。 でも、現世の人間でも履けるんですね
履き物

ゆめ工房さん

以前ブログで紹介した紹介した「ゆめ工房」さん。 私はこちらで昔の子供の着物地を使った 草履を作って頂いたのですが、 その時にお店のご主人がとても丁寧に草履の説明や 草履に合う着物のアドバイスをしてくれたんです。 そのきめ細かな対応
履き物

やっぱりねずこ下駄

昨年の秋に久しぶりに出かけた木曽路。 ここで、ぜったいに欲しかったのが、 木曽の工芸品でもある“ねずこ下駄”ねずこは木 曽の五銘木のひとつで、軽くて、丈夫、そして水に強い。 下駄としても、最適の材質です。 私も2年以上愛用しま
履き物

雪うさぎみたいな草履

柔らかな白の梵天に真っ赤なつぼ。このお草履を見たときにまるで“雪うさぎ”みたいだなってそう思いました。 白の梵天は真っ白な雪。真っ赤なつぼは南天の赤い実。 ね、雪うさぎみたいでしょう。 なんとも愛らしいお草履です。 着物
履き物

ぽっくり下駄

七五三の時期になってきました。 時々、かわいい着物姿の女の子を見かけます。 “ぽっくぽっく”とぽっくり下駄をならしながら、 少し歩きづらそうに、 でも、おめかしして、とってもうれしそう。 ぽっくり下駄、私が子供の頃は「
履き物

防寒用爪革

暑い夏だって、今年はうんと着物を着たので、 これから寒くなったって、 着物を着て元気にお出かけしますよ。 もちろん。しっかり防寒対策をしてね。 去年、冬の京都で足元からの冷えがとても気になりました。 足先と甲がとくに冷えたんで
履き物

コズミック柄の下駄

中秋の名月を楽しんだあとは、少し欠けたお月様で “栗名月”を楽しみましょう。 もちろん着物でお月見です。 深まる秋をイメージしてしっとりと、 落ち着いた雰囲気の装いも素敵だけれど、 こんな愉快なコズミック柄の下駄で おでかけ
履き物

木曽ねずこ下駄

3年近く愛用していた木曽のねずこ下駄がずいぶんくたびれてしまったので、桐下駄を新調しました。 桐下駄を履いてみて、わかったのですが、木曽ねずこの下駄というのは、本当に軽く、堅く、水に強い。洋服でも下駄を履いている私には、桐より、ねずこ
履き物

二枚歯の下駄

愛用の木曽ねずこ下駄がくたびれてきたので、 下駄を新調することにしました。 下駄の形は二枚歯で、白木の台がいいな。 そう思って探すのですが、これがなかなかないんですよね。 二枚歯の下駄って、最近少なくなったようです。 それ