和のある生活

和のある生活

豆まきの口上

節分も地方なんかによって豆まきの口上が違うみたいですね。確かに鬼子母神を御祭神さんと祀っている神社なんかは「鬼は〜そと〜」なんて大声で言えませんよね。そういうところは「福は内、悪魔外」なんて言うんだそうです。 なんか語呂がわるいという...
和のある生活

名古屋古流凧

大人になった今、寒さによわくなっちゃって、北風が吹くと早々にあったかな部屋へ籠もってしまいますけれど、子供の頃はちがいましたねぇ。強い北風なんてなんのその。風が吹けばしめたものと、凧を片手に家を飛び出し、近所の空き地で凧あげをしました。 ...
和のある生活

算額で脳トレ?

お正月のしめ縄や古い御札をもって氏神さまへお参りへ行ったのですが、そこの神社で「算額」とやらの説明がありました。算額?! 珠算教室か何かの案内かしらと何気に説明文を読んでみれば「算額」とは珠算教室ではなく、古来よりの和算において難しい数学問...
和のある生活

祝福芸でばんざ〜い!

お正月の祝福芸として伊勢地方では「伊勢萬歳」、尾張三河地方では「尾張萬歳」「三河萬歳」といって、舞楽の装束のような着物を着たおじさん二人(太夫と才蔵の2人が1組)が、三味線や小鼓を片手に家々をまわって、おかしな台詞で人々を笑わせ、笑ったらそ...
和のある生活

馬が逆さで縁起物、飾り駒

縁起物にもいろいろあるけれど、このでっかい将棋の駒はインパクトありますねぇ。ずっしりでっかいこの駒には“左馬”の文字。「馬」の文字が反対になってる左馬。この左馬には、いろいろ意味があるんですね。「馬」が逆さになって「まう」「まう」が「舞う」...
和のある生活

日本唯一の楊枝専門店「さるや」さん

小さな桐箱の中を覗いてみると古来伝統の小紋柄の包み紙にくるくるっと巻かれた楊枝が・・・。まぁ、なんて洒落ているんでしょう、楊枝には占いもついていて遊び心がいっぱい!これからはお客様が多くなる季節です。遊び心溢れた楊枝をそっとだせば食卓も和み...
和のある生活

柚子湯で一品

一年中で昼間が短く、夜が長い日冬至。我が家でもちゃんと、お風呂に柚子を浮かべております。スーパーで買ってきた柚子を二つに切り、それを洗濯ネットに入れて(ゴミが出ないように)お風呂に浮かべていたのです。 しかし今年はちょっとした目標があ...
和のある生活

懐紙でお手紙

ずいぶん前からお茶を習ってみたいなぁって、ずっと思っているのですが、なかなかきっかけが作れずにいます。素敵な懐紙を見つけたりするとあぁ、来年こそはって思うんですよね。季節によって柄を楽しめる懐紙。この頃では、贈り物としてまた、便箋としても使...
和のある生活

ゆ〜らゆら、と頼もしい魔除け赤べこ

来年の話をしても、もう鬼に笑われない時期になってきましたね。もう年末かぁ、また新しい年がやってくるなー。なんて、呑気なことをいってるとのんびりしていないで、さっさと新年の準備をしなさいな、って笑うどころか鬼に怒られてしまいそうです。ねずみさ...
和のある生活

わらくつを初めて見たのはホームセンターでした

秋から冬っていっきにやってきますね。山の彩りを楽しんでいたら雪の便りがちらほら届きはじめいやいや、あっという間に冬です。寒くなってきちゃいました。大好きな八ヶ岳南麓も冬景色でしょうね。私はホームセンターへ出かけるのが好きなんですが、八ヶ岳周...