汚れた足袋を染めちゃいましょう

洗ってもなかなか落ちなくなった足袋の汚れ。
汚れは気になるけれど、まだまだ履けるので
捨ててしまうなんてもったいない。
これはなんとかしたいですよねぇ。
お、部屋にはまだストーブも出ているし
染料のストックもたくさんあるわけだから
そうだ、久々に足袋を草木染めしちゃおう!
ってことで、足袋を染めることにしました。

草木染め、この頃は忙しくて
なかなかできなかったんですけれど
久しぶりに染めの鍋を出してきて
こうして足袋を染めてみると
んー、やっぱりたのしいですねぇ。
ついついあれもこれもと染めたくなってきます。

汚れた足袋を染めちゃいましょう

そうだ、くたびれた半襟があったっけ。
ついでにこの半襟も染めてしまいましょう。
染料のストックにはタマネギの皮から藍や矢車ぶし
キハダ、茜などかなりあるのですけれど
そんな中から今回は、紅花とコチニールを選びました。

わたしの草木染めは、染まればいいやって感じの
ゆるい染めなのですが、でもちゃんと染まりましたよ。
すっかり汚れてしまった足袋や半襟が
春らしいピンク色や黄色に染まったので大満足です。
生まれ変わった足袋と半襟。
この春の着物コーデにまた活躍してもらいましょう。

・・・写真レポートは着物あるきで~
着物あるき