仁丹のあの人

スポンサーリンク

気になることはなんでも聞きますよ。
薬局へ行って気になった仁丹のあの人。
そうそう。立派なお髭をたくわえたあの人ね。

気になったので仁丹さんに聞いてみました。

彼、どこかの伯爵かと思ったら外交官ですって。
あの「大礼服」は鹿鳴館時代の舞踏会に着た
外交官の正式な礼服姿で、
明治時代のエリートの象徴でもあったそう。

仁丹のあの人

で、“健康を世界に運ぶ外交官”ということで
創業者の森下博氏がこの姿を重ね合わせて
あの人がずっと森下仁丹のイメージキャラに
なっているというわけ。

“仁丹は薬の外交官”・・・なるほどねぇ。
森下仁丹さん、
ご丁寧に教えて頂きましてありがとうございました。