鳩サブレー = 鳩三郎

黄色に鳩の絵がかわいい鳩サブレー。子供の頃、鎌倉へ行くとよく買ってもらったしお土産に頂くと、このかわいいカンカンを何に使おうかなって、うれしくなります。鎌倉「豊島屋」の鳩サブレー。初代が鳩サブレーとしてここまでくるのには大変なご苦労があったそうです。

鳩サブレー = 鳩三郎

明治30年代頃、滞在中の異人さんからもらった1枚の大きなビスケットが鳩サブレーの始まり。当時はバターもなく、庶民には馴染みのない味。試行錯誤を繰り返しながらサブレーを作るもののなかなか受け入れられず、やっとという頃には戦争や震災が重なり、サブレ作りもままならず・・・。それでも、初代は不屈の精神と誠実さを持って鳩サブレー作りに励んできたそうです。「鳩三郎」と呼んで鳩サブレーを愛した初代。
とっても素敵な、いいお話ですよね。

(リンク:鎌倉の味 鳩サブレー 豊島屋