アーコール社のベンチ




スポンサーリンク

「北欧の・・・」ってきいただけでナチュラルでシンプル、しかもお洒落なイメージがあります。ムーミン谷の幻想的な世界からはじまり「かもめ食堂」では、スプーン1本においてまで。

ま、映画とはいえね、「あぁ、北欧ってところはなにをとっても素敵なのだわ〜」っていわずにはいられないくらい、なんとも魅力的なところです。(行ったコトないけど)いい意味で保守的な感じもするし、そこが独特の雰囲気を醸し出しているのかも。北欧、いつかは行ってみたいところであります。

アーコール社のベンチ

そんな北欧の老舗家具メーカー「アーコール社」アーコール社がデザインする家具も素敵ですよ。細い棒材の背もたれのラインが美しいウィンザーチェアのベンチはマーガレット・ハウエルが手がけたものなんですけどここまでシンプルなのに、素っ気ない感じがなく逆に温かみを感じますよね。

北欧の森から生まれた美しいベンチ。
このベンチと一緒に長い時間を過ごせたら・・・。
うーん、憧れますね。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. kyohahayo より:

     北欧の家庭の様子をテレビで見ていると、
     インテリアがとっても素敵☆
     すっきり片付いた部屋、センスのいい家具
     質の良いものを大事に使い続ける。。

     こんなベンチの似合う家憧れます!
     あ~あれもこれも片付けなくちゃ~~
     

  2. shunken より:

    私も北欧好きの一人です!!
    日本のスタイルにもすんなり溶け込むのは、余計なものをそぎ落としたところが日本的な部分と重なるからでしょうかね。イームズやらミッドセンチュリーものはたまに苦手ですが、北欧モノは飽きが来ない気がします。
    以前、買う気マンマンでアンティーク北欧家具の店に行ったら、値段の高さに目が飛び出しそうになりました@@

  3. うずたま より:

    kyohahayo さんへ
    そうですよね〜
    かなり大きなベンチですから
    このベンチを置くスペースを作るのって
    けっこう大変ですよね(笑)
    我が家はたとえベンチが置けたとしても
    本や雑誌を山のように積んでしまいそうだわぁ。

  4. うずたま より:

    shunken さんへ
    shunken さんは「和」と「洋」をうまく取り入れて、
    とっても楽しんでいらっしゃるのですね〜。
    「和」と「洋」もシンプルであれば、うまく調和できますものね。そういの大好きです。
    でも、アンティークものって高いです〜
    わたしは眺めて「もしもこんな家具があったら・・・」って、もしもシリーズを楽しませてもらってます(笑)