三人太郎の刺繍紋

これはいつかやってみたいことのひとつなのですが
大橋歩さんが何年も前によそいき用にと誂えた
鬼しぼ縮緬の単衣の着物を染め直して
三つ紋がはいっていたところに
「金太郎」「桃太郎」「浦島太郎」の
三人太郎の絵を刺繍紋としてつけていました。
そもそもこの着物は、お友達の結婚式にあわせて
新調した着物で、ぬきの三つ紋にしたそうです。

三つ紋の単衣ゆえ、その時一回こっきりしか着ず
ずっと染め直したいと考えていたのだとか。
着物好きでも有名な大橋歩さん。
「きものでわくわく」という本の出版をきっかけに
染め直し、紋のあとが残るのでと刺繍紋を考えたそう。
実際は紋あとはほとんどなかったそうですが
せっかくなので三人太郎紋を刺してもらったんですって。

三人太郎の刺繍紋

渋い色目に染め直した縮緬の着物に三人太郎の刺繍紋。
金太郎ははっけよい!と熊と相撲をとり
桃太郎はパカンと割れた桃から誕生!
そして浦島太郎は亀の背に乗り竜宮城へ。
こんな絵の刺繍紋ですよぉ。

手足をバタバタさせてしまうくらいカワイイの!
渋い縮緬の着物に遊び心いっぱいの三人太郎刺繍紋。
まぁ、粋ですよねぇ。ほんとにセンスがよいですよ。
着なくなった着物もこうして染め直し新しい着物へ。
昔ながらの染め直しは、物を大切にする先人の知恵と
とことん着物を着るという裏技でもあります。

染め直しって、大人のリサイクルですよね。
わたしもいつかはやってみたいです。
着物の染め直しと、三人太郎の刺繍紋。