好きすぎて銘仙

スポンサーリンク

好きで、好きで、好き過ぎて、
いったいどこから手を出していいのやら、
わからないのが銘仙。

まだ、その傍らで、
見つめていたいという気持ちもあります。
それくらい、銘仙が好きです。

好きすぎて銘仙

銘仙というと、アンティーク着物の
イメージなのですが、最近、伊勢崎銘仙が
復活して、普及にも力を入れているそうです。

伊勢崎の銘仙は、とにかくしっかりしていて、
その手触りは、大島と変わらぬほどだと聞きました。

伊勢崎銘仙、いつか袖を通してみたいです。