牡丹の簪で艶やかさんに変身




スポンサーリンク

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」うんうん。どのお花も芳しく美しい。こんなお花にたとえられる女性が羨ましいわ。そんな憧れをちょっぴり胸に抱いて、大胆な牡丹の絵の簪を見つけました。牡丹の花って、美しいだけではなく内に秘めた芯の強さのようなものを感じます。

牡丹の簪で艶やかさんに変身

可憐でもあり妖艶でもありそれでいて凜としているんですからね。とても不思議で魅力的なお花だなぁって思います。なんていってるけど曖昧だった芍薬と牡丹の見分け方が最近やっとわかったんですけれどね、私。まま、それはそれとして牡丹の簪をきゅっと挿したら私も少ーしは艶やかさんになれるかしらね。ふふ。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする