下駄をスニーカーのように履いています

ジーンズの時にだって下駄を履きますけれど、着物の時もほとんどが草履ではなく下駄ですね。あの木の感触と歩いた時の下駄の音が好きです。着物で下駄で。歩くの大変なんてちっとも思いません。京都へ行っても砂利道だろうが長い階段だろうが急な坂道だろうが、下駄でからんころん歩く歩く。よく歩くなぁって自分でも思うくらいです。大袈裟ではなくね私にとって「下駄」と「スニーカー」の差ってそぉんなに変わらなくなってしまいました。

下駄をスニーカーのように履いています

これも着物をちょくちょく着ている効果でしょうね。着物を着始めた頃はこんなに歩けませんでしたもの。木目すっきりの右近下駄。桐の素材を生かした白木の下駄って大好きです。アイボリードットの鼻緒に渋いピンクのつぼがまたお洒落でしょ。安定感のあるラインも歩きやすそうだしうーん。これはこれは間違いなく着物あるきの頼もしい助っ人になってくれそうだな。