着物姿に和の香り、塗香

母が京都のお土産に塗香を買ってきてくれました。塗るお香なんて初めて。塗香は手のひらに入るくらいの小さなコンパクトの中にペースト状になった香が入っていて、それをちょんちょんと体につけます。香りは「和」そのもの。説明書には、白檀をふんだんに使い麝香等の和漢薬を調合して練りあげて作られたと書いてありました。

着物姿に和の香り、塗香

残念ながら私は香水をつける習慣がないので時々、小さなコンパクトを開けてはす〜っと「和」の香りを楽しんでいるんですけど、お店の方は和装にいちばんよく合う香りだといっておすすめしてくれたそうです。確かに白檀の香りはお着物によく合いますものね。着物姿をそっと引き立ててくれる香、塗香。しみじみ京都らしいお土産だなぁって思います。