鎌倉のリス

何十年ぶりでしょうか。子供の頃、毎週のように出かけていた鎌倉へぶらりと出かけてきました。逗子、大磯、茅ヶ崎、鎌倉と海岸線を車で走り朝いちばんで鎌倉の大仏様を見にいくことに。ただでさえひどい方向音痴のわたくし。おぼろげな記憶をたよりに歩くのですが「三つ子の魂百まで」とは、よくいったものですね。まぁ、自分でもびっくりするくらい
覚えてる、覚えてる。ここの角を曲がって、そこの坂道を上がって・・・。そうそう、ここ、ここ。看板もナビにも頼らず着いちゃった。おじいちゃんがとにかく好きだった鎌倉。
一緒によく歩いたよなぁ、なんて懐かしい気持ちいっぱいで歩いていると、ちょこちょこっと小走りに走るものが・・・。あっ!リスー!リスだ、リスだー!そうなんだよねぇ、鎌倉ってリスもいっぱいなのよ。

鎌倉のリス

最近では増えすぎて問題になっているそうです。確かにこのリスさん、お正月リースに飾られた松をガジガジやってました。これも鎌倉ならではの光景でしょうかね。
久しぶりの鎌倉。まず最初に出会ったのが大仏様ではなくってリスさんっていうが、なんかいいなと思っちゃった。