流氷キャンドル

なんか言葉からしてステキそうなものですね、流氷キャンドルはオホーツク海の流氷を一辺約40センチの塊にして上部をくりぬいて、そこに蝋燭をともすものだそうです。オホーツク海の氷って言葉からは
もの凄〜い冷たそうな感じがするのですけれど、中に蝋燭をともすと流氷の中にある無数の気泡が、蝋燭の光をさらに軟らかくしてくれるそうです。

う〜ん、見てみたいですねぇ、コレ。和紙から通す蝋燭の光って見るからに「暖かさ」を感じますけれど、この流氷の塊から蝋燭の明かりを見るとどうなるんでしょう?冷たそうなのに、もの凄い暖かさを感じるのかな?

流氷キャンドル

この流氷キャンドルは、2008年洞爺湖サミットに合わせた消灯イベント「ガイアナイト」で始まった物だそうで、まだまだ最近の物なんですね。流氷で出来たグラスでウイスキー(あまり好きではない)ってのも憧れるけれど、流氷キャンドルを見ながら、まったり甘酒(これは大好き)も良いかもしれません。

2009年名古屋のお隣豊田市足助町で毎年行われる「中馬のおひなさん」のイベントとして「ほのか」という灯りのイベントがあるのですが、そこにこの流氷キャンドルが贈られるそうです。

フフフ。
コレは、またまた着物で出かけなきゃいけませんね。