やま京のちり紙で優雅にちーん

寒い冬から暖かい春へと向かうこの季節。
気持ちは春に向かってうれしいはずなのにもー、このむずむずとぐずぐずの花粉症で辛くてしかたがありません。目の痒みはマメに洗浄してなんとかなりますがぐずぐずの鼻は、ティッシュでかみすぎてもう痛いくらいです。今年はまた例年になく症状がひどいみたい。

あー、京都へ飛んでいきたい!
京都「やま京」のちり紙を買いに行きたいんです。舞妓さんや芸妓さん御用達の「やま京」のちり紙。和紙で作られたちり紙なのでティッシュとちがってふわふわと毛羽立たないそうなんです。

やま京のちり紙

アレルギー性鼻炎の方にはよーくわかると思うんだけれど、ティッシュを取り出す時に舞う粉やホコリでますます鼻がむずむずしてくしゃみを誘発・・・!これもツライですよねぇ。
「やま京」のちり紙は紙の繊維が長いのでそれがなく、鼻をちーんとかまなくても鼻をそっと押さえるだけで水分を吸収してくれるんですって。また、畳みかえせばもういちど使える質のよさ。ちり紙なのに墨で文字が書けるというのだから、どれだけ上質な紙なのかわかりますよね。

前々から「やま京」のちり紙はいいと聞いていましたが、京都へ行った時に買っておけばよかった・・・。京都の梅や桜も見に行きたいけれどあぁ、今は「やま京」のちり紙です。