手動の鉛筆削りが怖かったなぁ

来春、親友の子供が小学校へ上がるので文具屋さんへ行くと、入学用品が目に付きます。今は鉛筆や消しゴムひとつとっても種類豊富で見ていてたのしくなりますね。で、いろいろ見てみて意外と高いなぁと思ったのが鉛筆削り。主流は電動鉛筆削りと思いきやまだまだ手動もあって、「あー、そうそう、私は、この手動の鉛筆削りが怖かったんだよねぇ」なんて、ずいぶん昔の1年生の頃を思い出しました。

d_0931

手動のね、バチン!と挟む感じが怖かったのとあとは、すぐに鉛筆の芯の先をつまらせてしまいうまくグリグリ回らなくてあぁ、困った、困ったと、途方に暮れちゃってうまく使いこなせなかったんですよねぇ。でもね、そんな私が今でも使っているのは“手動の鉛筆削り”なの。

従姉妹の子供が使っていたのをもらったんですけれどが〜〜〜〜っと、一気に鉛筆が削れる電動のとは違って、グリグリ回して削る作業をたのしみながら使ってます。へへ。さすがにもう怖くないし、芯の先もつまらせませんよ。