クリスマスローズは過保護にせずに

スポンサーリンク

自分がクリスマス生まれだからってわけじゃないけれど
「クリスマスローズ」というネーミングと
可憐なその姿に惹かれて5年ほどまえから
クリスマスローズを育てています。

今、我が家の庭で愛らしい純白の花が満開。
このお花、本来の品種はクリスマスに開花するそうですが
日本でポピュラーな品種は2月から4月にかけての開花。
クリスマスからちょっとずれちゃってますけど
かわいい花を咲かせてくれると、クリスマスの時のような
うれしい幸せな気持ちにさせてくれるので
これはこれでぜんぜんいいと思っています。

クリスマスローズ

それにね、我が家のクリスマスローズのお花。
今はこうしてたくさんの花を咲かせてくれてますが
これがなかなか咲いてくれなかったんですよね。
2年すぎても緑の葉っぱのままで、どうしてだろうって
クリスマスローズを育ててる方に聞いてみたんです。
そしたらね「鉢で育ててる?なら、土にぽんと帰してあげて」
そういわれたんで、大丈夫かなと思いつつ
いわれた通りに鉢から土へ帰してあげたんです。
それからですよ、今までの沈黙が嘘のように
かわいい花が咲くようになったの。

クリスマスローズって、見た目はやさしい花なのに
過保護に育ててしまうと開花しないんですって。
だから鉢より直植えの方がいいのね。
毎年花の数が増えてる我が家のクリスマスローズ。
強くてやさしい花なのですね。