滑り・・・下駄?

滑り下駄という物が先日テレビで紹介されていました。「下駄」というキーワードに、ぴーんと引っかかったのですけれど、どうやら米沢市が発祥らしく、昭和30年代に女の子達のあいだで流行したみたいで、ここ数年復活して大会なんかも開催されているようです。

下駄の形は歯のない下駄の裏に割り竹を貼り付け、つま先にはつま皮が固定されていたんです。けれど、スキーのようにストックがあるわけでもないし、板が長いわけでもないので、バランスをとるのが難しそう。スキーというよりは、小回りの効かないスケートといった感じなのかな?

滑り下駄

それにしても、下駄の下に割り竹を貼り付けて滑ろうなんて、誰が思いついたんだろう?私自身はスキーやスケートなどのウインタースポーツとは縁遠いのですけれど、雪遊びは好きなんですねぇ、けれど滑り下駄とかなら少しやってみたい気がします。来年米沢スキー場で「復活・滑り下駄の世界」大会とう大会が開催されるみたいです。間違っても「滑り下駄世界大会」ではなく「滑り下駄の世界」大会というのがポイントですね。