釣れたら困るけどHeddonが好き




スポンサーリンク

魚を触れないわたしですがなのに、なんで?どーして?ってくらいブラックバス用のオールドタックル、ルアーやリールやロッドなんかをたくさんもっているのです。きっかけは、たまたま雑誌でみつけたひょろっとした魚の形をしたおもしろいルアーで初めてみるこのルアーにわたしはひと目惚れ。そこから調べて「Heddon」というメーカーのルアーだってことがわかりました。

「Heddon」がバス用のルアーを創り始めたのは1894年。創設者のジェームズ・ヘドンが友人を待ちながら川のほとりに腰掛けて木片をカエルの形に彫っていて、あまりにも待ちくたびれたので、その木片のカエルを川に投げたらバスが飛びついてきた。これがルアー誕生のエピソードなんですよ。

釣れたら困るけどHeddonが好き

わたしは昔の古いルアーが好きで、なかでも一目惚れしたルアー「ザラゴッサ」が大好き!木製のものはプレミアがついて手がでないので、復刻版のものをかなり集めました。

そのルアーを使ってなんどかバス釣りにも行きましたがなんせ魚が触れませんのでね、釣れたらどうしようってびくびくしながらの釣り。めでたく釣れた時は、弟にとってもらったというなんとも情けないわたしなので、バス釣りはイメージだけにしておいて「Heddon」のルアーを眺めながらニマニマしています。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. kyohahayo より:

     あはは~思い出してしまいました!
     魚が触れない夫と息子が旅先の釣堀で釣りをして、
     釣れてしまったら大騒ぎ。
     私もあばれる魚は触れず、側のおじさんに
     何回もお願いして外してもらいました。
     魚は宿の方にプレゼントしました。

     魚触れない息子も何個がルアー、綺麗だからと
     持っていました(笑)

  2. うずたま より:

    kyohahayo さんへ
    これはこれは、想像するとその大騒ぎぶりが手に取るようにわかります〜!!(笑)
    側のおじさんも魚触れず、なぜ釣り堀へ?って
    思ったことでしょうね〜(笑)
    でも、息子さんの気持ちも十分わかるー!!
    ルアーの魅力って、魚触れず、釣りができなくても
    虜になるんですよね〜♪

  3. ねこち より:

    私の知り合いの方で、ルアーを帯留めに加工された方が…ちょっとサイズ(長さ)が大きいかな?とも思ったんですが…魚の形と仰ってたから、たぶんルアーですよね?
    その物の本来の用途以外にも、アイデア次第で個性的なアクセサリーになりますね。。。

  4. うずたま より:

    ねこち さんへ
    ルアーを帯留めね〜
    これはいいこと教えてもらっちゃった♪
    帯留飾りにしたらもっとたのしめそう!
    これなら釣れても困らないしね♪