真竹のご飯じょけ

こんなに美しい生活道具があるのですね。真竹で編まれた“ご飯じょけ”

“ご飯じょけ”は、夏場ご飯をいれて涼しいところにぶら下げておく蓋付きのざるのこと。

真竹のご飯じょけ

生活の中から生まれた道具なのに、繊細な編み目に、この形・・・、なんて美しいのでしょう。時を経て、飴色になるのも竹籠の魅力ですね。