更紗の歴史と京の技のペンケース

更紗の生地が好きで、エスニック雑貨のお店で洋服やバックなどを見つけては買っていました。更紗ってインド更紗やジャワ更紗など、各国各様に姿を変えているんですよね。日本へは江戸時代初期にインドから渡ってきたそうです。

更紗の歴史と京の技のペンケース

そんな更紗模様を独自にアレンジして、洒落たペンケースを作ってしまったのが「京老舗・染匠 岡重」。安政年間1885年の創業以来、着物、バッグ、アクセサリー等を手描き京友禅の染めの技術で表現。更紗模様のペンケースも職人の手技で丁寧につくられた逸品です。更紗の歴史と京の匠の技を同時にたのしめるペンケース、すばらしいですね。