張り板

スポンサーリンク

昔はどこの家庭にもあったという「張り板」

叔母に話を聞くと、夏が来る前になると、
女達が集まって、家族の着物を全て洗う。
着物は一旦糸をほどいて元の布地に戻し、
この張り板で乾燥・のり付けします。
それをまた着物に仕立て直すのだとか。

張り板

着物一枚洗うのに、なんて手間をかけていたのでしょう。
それだけ布地を大切にしていたのでしょうね。

「今思えば大変だったけど、
当時はそれもたのしみだったのよ」
と、叔母。

昔の人って、やっぱりすごいです。