日本唯一の楊枝専門店「さるや」さん




スポンサーリンク

小さな桐箱の中を覗いてみると古来伝統の小紋柄の包み紙にくるくるっと巻かれた楊枝が・・・。まぁ、なんて洒落ているんでしょう、楊枝には占いもついていて遊び心がいっぱい!これからはお客様が多くなる季節です。遊び心溢れた楊枝をそっとだせば食卓も和みますしその場がよりいっそう楽しくなりますよね。

素敵な楊枝を数多く揃えているのは日本で唯一の楊枝専門店「さるや」創業300年を越す楊枝の老舗です。

画像

「さるや」の楊枝はすべて古来より上等といわれる黒文字という樹を使用していて、熟練の職人さんでも1日2000本しか作れないというとても貴重な楊枝なのです。口に含んだ時に素材の香りがほのかに漂い当たりも柔らかな黒文字の楊枝。

楊枝も確かな職人技でしかも遊び心を忘れない。今もなお「江戸名物」のひとつといわれる由縁がよぉくわかりますよね。

リンク:さるや (HP)




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ねこち より:

    「さるや」さんの楊枝…20代の頃勤めていた会社で、バレンタインの義理チョコ代わりに配ろうかと思ったのですが…価値のわかる人たちではないので勿体無いからやめました。20代かぁ、、、遠い昔の話です(笑)
    うちの死んだじいちゃんは普通の楊枝の事も“黒文字”と言ってました。「お~い、そこの黒文字取ってくれ」ってね(^ー^)

  2. kyohahayo より:

     
     素敵な贅沢ですね~☆
     ついつい100均ショップで買ってします楊枝

     気持ちと懐に余裕がある時(笑)に
     黒文字の楊枝使ってみます。。
     これも江戸の粋の1つかな~

  3. ume.ume より:

    おはようございます。
    すごぃ。爪楊枝も中々奥が深いですね。
    大量に入っている爪楊枝では、味わえない良さなんですね。
    和菓子のときにそっーと、添えると和菓子もさらにおいしいでしょね。
    試してみたいですぅ。(*^。^*)

  4. うずたま より:

    ねこち さんへ
    義理チョコの代わりに「さるや」の楊枝を選ぶところ、さすがですね〜!でも、ホントにもったいない(笑)
    これも粋なおじいちゃまの影響でしょうね〜
    楊枝を「黒文字」と呼ぶくらいのおじいちゃま。
    カッコイイわ〜♪

  5. うずたま より:

    ume.ume さんへ
    ね〜♪わたしも欲しいです♪♪
    でも、なかなか自分では買えないし、もし、買えたとしてもなかなか使えないんだろうな〜(笑)
    特別な時に使ったら素敵ですよね♪

  6. うずたま より:

    kyohahayo さんへ
    ほんとに。。。なかなか日常使うものとしては、買えませんよね〜
    でも、すっごく使ってみたい!
    だからこそ、贈り物にしたら喜ばれるでしょうね♪
    誰かわたしにくれないかしら???(笑)