馬が逆さで縁起物、飾り駒

縁起物にもいろいろあるけれど、このでっかい将棋の駒はインパクトありますねぇ。ずっしりでっかいこの駒には“左馬”の文字。「馬」の文字が反対になってる左馬。この左馬には、いろいろ意味があるんですね。「馬」が逆さになって「まう」「まう」が「舞う」と転じておめでたいだとか。ふつうは人が馬を引くけど、馬が人を引くという事で、これまた人を引っぱってきて商売繁盛にいいとかね。

飾り駒

わたしなんて、馬の文字が反対になってるのは散髪屋さんに用に置くためのもの?(鏡越しに見たらちゃんと読めるからさ)なんて思っちゃったんですが、大間違いでした。

でも、こんな大きな将棋の駒をですよ、開店祝いや新築祝いにもらっても置き場に少々困ってしまいませんか。わたしとしては、馬の置物かなんかをくるっと左向きに置くだけでもOKじゃないの?って思うけれど、そんなんじゃダメなのよね。

やっぱり大きな駒に“左馬”だからこそ福を招く大きな力がそこにあるのでしょうね。