祝福芸でばんざ〜い!




スポンサーリンク

お正月の祝福芸として伊勢地方では「伊勢萬歳」、尾張三河地方では「尾張萬歳」「三河萬歳」といって、舞楽の装束のような着物を着たおじさん二人(太夫と才蔵の2人が1組)が、三味線や小鼓を片手に家々をまわって、おかしな台詞で人々を笑わせ、笑ったらそこに福がやってくるという伝統芸能があります。どれも似たような感じで発祥の地は奈良だとか。

わたしはずいぶん前に名古屋の下町で暮らしていたことがあるんですけれど、お正月早々、ピンポ〜ン!とチャイムがなったので、ドアを開けてみると突如、赤頭巾と烏帽子をかぶった見たこともない着物姿のおじちゃんが二人。三味線と小鼓でもって「よ〜、チャンチャカチャンチャカわ〜はっは!わ〜っはっは!」と、やりはじめた。

祝福芸でばんざ〜い!

笑うどころか、何がなんだかワケがわからず悪い夢を見ているのではないかと思ってしまった。衝撃的な「三河萬歳初体験」がありますがでも、後で祝福芸だと聞いて納得。台詞の内容云々より、おじさん達の笑顔が最高にイイ!

あの笑い顔をみたらね、無条件で楽しくなるし、新春一番のHappyは約束されたと確信できる、そんなおめでたい芸なのですよ。最近では、季節を問わず慶事の際などにもこの萬歳が披露されるとか。

よ〜、チャンチャカチャンチャカでわ〜っはっは!
笑って笑ってHappyになる祝福芸にばんざーい!!




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. kyohahayo より:

     これを読んで私の頭の中には
     女子レスリングの浜口京子さんのお父さんの姿が
     ぐるぐる~うわはははは~~~と・・

     お腹の底から声をだして笑っていると
     不幸も逃げて行きそうですものね!
     三河萬歳、体験してみたいなぁ~!!!

     

  2. shunken より:

    へぇぇ~!
    そんなものがあるんですね!!

    東北には「悪い子いねがぁ」のナマハゲはおりますが、福を呼ぶそういうお目出度いのは無いですね。一度聞いてみたいもんです~。

  3. うずたま より:

    kyohahayo さんへ
    それに近いかもしれません(笑)
    あのお腹の底からの「わ〜っはっは!」は最高です!
    昔は三河萬歳の方が毎年きましたが、今はどうなんでしょうね。
    こんな時だからこそ、萬歳でわっはっは!
    笑って笑ってHappyな年にしたいですよね♪

  4. うずたま より:

    shunken さんへ
    はい。伊勢、尾張、三河とそれぞれ萬歳があるそうですよ♪
    「重要無形民俗文化財」になっている萬歳もあるそうなので、機会があれば三河萬歳聞いて見てください♪♪
    東北のナマハゲは大人でも怖いですよね〜
    でも、今どきのコはヘッチャラかな?(笑)

  5. shunken より:

    無形文化財にまで・・・!
    それはこれからも大切に守りぬいてほしいですね。
    ちなみに友人が秋田の結婚式に出たら、余興でナマハゲが乱入して小さい子供が泣きわめいたそうです。やっぱり今の子たちも怖いみたいですよ(笑

  6. うずたま より:

    shunken さんへ
    地元では、子供の三河萬歳もあったりして、この芸を伝承し守っているそうですよ。
    結婚式でナマハゲ乱入?!
    これはすごい余興ですね〜(笑)
    泣きわめく子供らの姿が目に浮かびます〜