算額で脳トレ?

お正月のしめ縄や古い御札をもって氏神さまへお参りへ行ったのですが、そこの神社で「算額」とやらの説明がありました。算額?! 珠算教室か何かの案内かしらと何気に説明文を読んでみれば「算額」とは珠算教室ではなく、古来よりの和算において難しい数学問題を解けたことを神仏に感謝し、それを奉納するものらしい。計算して神様に奉納?!

うわぁ〜、算数苦手なわたしにはムリムリ!もう、このトシになっても「算数」とかいってる時点でアウトっぷりがわかるでしょう。

算額で脳トレ?

でも、家に帰って詳しく調べてみると、この算額奉納の習慣は世界中をみても他に類例をみない日本独自の文化で、その一部は重要文化財や民俗文化財にも指定されているとか。いや〜、「算額」ってすばらしいものなのですね。珠算教室だなんて、まったくお恥ずかしいわ。

そうそう。京都へ行くたびに寄る八坂神社。八坂さんの算額は文化財に指定されているそうなので、数字を見ると拒絶反応が出るくらい算数キライなわたしですけれど、和算というのも興味深し「算額奉納」ちょっとチャレンジしてみよっかな。