豆まきの口上




スポンサーリンク

節分も地方なんかによって豆まきの口上が違うみたいですね。確かに鬼子母神を御祭神さんと祀っている神社なんかは「鬼は〜そと〜」なんて大声で言えませんよね。そういうところは「福は内、悪魔外」なんて言うんだそうです。

なんか語呂がわるいというか言いにくい感じです。でもその地域の人たちは昔から言っているから「福は内、鬼は外」のほうが変な感じがするのかな?

豆まきの口上

かくいうわが名古屋の大須観音では・・・なんと「鬼は外」が禁句なのです。大須観音では、伊勢神宮よりとても大切な鬼面を譲り受けて「福は内」のみで「鬼は外」は禁句となっているそうです。実はわたしも初厄の時、厄落としにと法被を着まして大須観音で豆まきをしたんですけれど、あの時も「福は内」だけでした。
内心は盛り上がりのためにも「鬼は外」をいいたいところですがね、伊勢神宮から鬼のお面をプレゼントされちゃぁ鬼のお面かぶって「鬼は外」なんて出来ませんものね。

我が家の豆まきは、「福は内」「鬼は外」なのですがさいごは「鬼さんもなかよくしましょう」ってことでみーんな仲良く1年の無病息災を願うことにしています。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. izumy より:

    大須観音ってそぉなんですかー!
    ちょうど先週大須に行く用事があった時に、お賽銭入れてちょいとお参りしてみたとこです!
    最近は、なんとなくいろいろな御縁に感謝することが多く、ふと思ったときに近所や通りすがりにお参りしてみたりして~。
    福は内、鬼さんも内、っていうなーんにたいしても寛容な姿勢だいじかもしれませんね(^^)

  2. kyohahayo より:

     地方によって豆まきの口上が違うなんて吃驚~!
     「鬼は外~福は内~」これだけをン十年言い続けて
     きたので、やっぱり「鬼は外~」を飲み込まなくちゃ
     いけないのは辛いかも(笑)

     今夜、外に出ていたら隣の青年に「鬼は外~(笑)」と
     豆をまかれ「わたしゃ、鬼かい;;」と思ったのでした。
     ん~何事も寛容、寛容(*^。^*)

  3. うずたま より:

    izumy さんへ
    大須観音、昔は「福は内」の後、「よ〜よよよい!」の三本締めだったんだけど、今はなくなったようです。
    思い立った時にお参り、これがいちばんですね♪
    気持ちが自然とそちらへ向いているんだと思います。
    私も大須観音へ行かなくちゃ♪♪

  4. うずたま より:

    kyohahayo さんへ
    そうそう。やっぱり「鬼は外」はいいたいンです〜
    これがないと豆をまいた気がしない。
    しかし、隣の青年は・・・うちも隣にいれば
    やりそうだな〜(笑)
    何事も寛容であるって、むずかしそ〜

  5. しゅんけん より:

    こんにちは~。
    知らないことって沢山あるんだなと、つくづく驚いております。。。神無月が神在月になったり、鬼は外を言わなかったり、日本人ってしきたりを大切にしながらも、すごく思いやりのある人種なのですね…。うちの田舎ではもちろん豪快に鬼は外!で豆を鬼に投げつけますよ。節分に旅をされることがあれば、ぜひお立ち寄りくださいね。

  6. うずたま より:

    しゅんけんさんへ

    おはようございます♪
    小さな国なのに、日本ってほんとに不思議いっぱいの国ですね〜
    こうした折々につくずく感じますね。
    豪快な豆まき。
    これは楽しそうですね〜!
    節分に旅をするのっていいな〜♪
    いつかそんな旅をしてみたいです!!